フエ・ホイアン

ベトナム人お勧めのリーズナブルなフエ家庭料理レストラン「Nhà Hàng Gạo」 | ホーチミン発フエ・ホイアン4日間の旅③

猛暑のグエン朝王宮から帰還し、フエ新市街の安宿の簡素なベッドルームで粗末なシャワーを浴び、質素な天井を眺めつつ夕暮れを待つ。

何やらバックパック一人旅の様な情景描写であるがれっきとした家族旅行である。

グエン朝王宮、猛暑と太和殿工事中で燃え尽きかける | ホーチミン発フエ・ホイアン4日間の旅②
家族のバックパッカー宿への順応に胸をなでおろし、昼食のブンボーフエでこの日一度目の優勝を決めた後、フエ旧市街のグエン朝王宮を訪れる。 フエの町は意外とデカい 新市街のホテルからグエン朝王宮まで徒歩で行くのは中々骨の折れる道程に見...

ホテルを出ると少しだけ涼しい風が吹き始めた路地を兄弟がじゃれ合いながら歩いていた。

フエ 路地裏の風景SONY ILCE-7C (177mm, f/5.6, 1/200 sec, ISO1000)

スポンサーリンク

夕暮れと共に本気を見せるフエの飲食店街

うだるような暑さのフエの町も夜になると活気を取り戻す。

新市街のPerfume River沿いのレロイ通りから一本内側に入ったVo Thi Sau通りからTran Cao Van通り辺り(下地図参照)を歩けば多くの飲み屋や飲食店街が広がっており、ビアーを燃料として生きている人種としては胸躍ることこの上ない。

フエ 飲食店街 シクロ ストリートスナップSONY ILCE-7C (100mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO1250)

フエ 新市街 飲食店街 飲み屋街SONY ILCE-7C (52mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO320)

フエ 新市街 飲食店街 飲み屋街SONY ILCE-7C (28mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO125)

リーズナブルな本格フエ家庭料理レストラン「Nhà Hàng Gạo」

さて、このようにフエの町を闊歩すれば、犬も歩けばよろしく美味そうな店にありつけそうなものだが、実はこうしたベトナム料理店の中にも歴とした「美味い店」と「そうでもない店」とが存在する。

かつて沢木耕太郎先生の「深夜特急」に憧れてバックパック旅を始めた筆者は、少し前までは「ふらりと立ち寄った店にこそ神は宿る」と信じていたところが多分にあったのだが、いざベトナムに在住してみると、やはり現地のベトナム人達に薦められる店というのは明らかに頭一つ抜けて美味いということを知ってしまった。

その様な訳でフエ初日の今宵訪れることにしたのは、筆者の勤務先のフエ出身のベトナム人社長から薦められたフエ料理屋である。

「フエ出身の」「ベトナム人」「社長」のおすすめという、ロイヤルストレートフラッシュもかくあるべしと言うレベルのパワーワードの羅列である。美味くないはずが無い。

フエの伝統的家屋「ニャ・ルオン」の佇まい

ということで暑さも和らいだフエの飲食店街を通り抜け、社長おすすめのフエ家庭料理レストラン「Nhà Hàng Gạo」へやって来た。この重厚な木の柱を特徴とする佇まいはニャ・ルオン(Nhà rường)と呼ばれるフエの伝統的な建築様式であるようだ。

Nhà Hàng Gạo フエ料理 リーズナブル レストランSONY ILCE-7C (28mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO320)

レストランの中央には中庭が設けられ、客席は全て開放的なオープン席となっている。

Nhà Hàng Gạo フエ料理 リーズナブル レストランSONY ILCE-7C (28mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)

Nhà Hàng Gạo フエ料理 リーズナブル レストランSONY ILCE-7C (28mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO640)

宮廷料理起源のフエ家庭料理を安価に楽しむ

今日のフエで家庭料理と呼ばれるものは、かつてのグエン王朝の宮廷料理を起源とするものが多いようだ。従って味はもちろんのこと、目でも楽しむ事が出来る料理が多いと言われている。

代表的なフエ伝統料理には、例えばこのバインナム(bánh nậm)がある。タピオカと米粉で作られた生地の中にエビなどを入れ、バナナの葉で包んで蒸したものだ。半透明でもちもちした生地が非常に優美である。

バインナム(Banh Nam) フエ料理 Nhà Hàng Gạo

SONY ILCE-7C (48mm, f/3.5, 1/50 sec, ISO2500)
バインナム(bánh nậm)

揚げ春巻きもフエ風のそれは皮が薄くサクサクしており、ビールが止まらない危険な逸品である。フエでは皮に網目状の模様が施されたものもある。

Nhà Hàng Gạo フエ風揚げ春巻きSONY ILCE-7C (40mm, f/3.2, 1/40 sec, ISO5000)

もちろんミーサオ(ベトナム風焼きそば)の様な一般的なベトナム料理も用意されており、好みに関わらず多くの人の舌を満足させてくれる豊富なメニューもNhà Hàng Gạoの魅力である。

Nhà Hàng Gạo フエ料理 ミーサオSONY ILCE-7C (38mm, f/3.2, 1/40 sec, ISO2000)

思春期の小中学生男子2名を含む家族4人でたらふく料理を食べた(上の写真はほんの一部)上にビールを5本ほど空けたにも関わらず、合計5千円程度で済んだのだから、そのコストパフォーマンスたるや社長表彰ものである。

一つだけ難点を挙げるとすれば、料理が出てくるまでにやや時間がかかる事であろうか。しかしそれはベトナムにおいては頼んだものと全く違うものが出てくるのと同様に実によくある事である(困ったことに)。

Nhà Hàng Gạoのマップ

フエの町で美術品の様なプジョー404に出逢う

満ち足りた気分で宿へ戻る。

そう言えば途中の道でとんでもないプジョーに遭遇した。404という、1960年にカロッツェリア・ピニンファリーナが初めてデザインしたプジョーであるようだ。

そのレアさもさることながら、さながら美術品の如く綺麗に整備された様子に思わず歓声を上げてしまった。いかに元フランス領とはいえ、なぜフエの地にこのような車が・・・

プジョー404 ベトナム フエSONY ILCE-7C (35mm, f/3.2, 1/40 sec, ISO1600)

プジョー404 ベトナム フエSONY ILCE-7C (36mm, f/3.2, 1/40 sec, ISO2500)

プジョー404 ベトナム フエSONY ILCE-7C (36mm, f/3.2, 1/40 sec, ISO6400)

フエ新市街の路地SONY ILCE-7C (54mm, f/4, 1/60 sec, ISO2000)

宿でシャワーを浴びて細君と缶ビールを開ける。バックパッカー宿は夜になると光量の乏しい照明のためにより一層の安宿感を醸し出す。

明日は日帰りでホイアンを訪れる計画である。

SONY ILCE-7C (28mm, f/4, 1/30 sec, ISO2000)

つづき

フエ特産「王様の蜜柑」を食し要衝ハイヴァン峠を駆ける | ホーチミン発フエ・ホイアン4日間の旅④
フエで迎える初めての朝である。今日は日帰りでハイヴァン峠を経由しホイアンを訪れる予定だ。 フエの狭い路地裏には朝早くからオートバイや自転車の往来があるが、それでいてどこか静けさを感じさせる。古都が持つ独特の趣ゆえなのか、ホーチミンのス...

(2022年9月1日の旅行記)

 

ホーチミン発フエ・ホイアン4日間の旅 記事一覧

ホーチミン発フエ・ホイアン子連れ3泊4日の旅(2022年)
「ホーチミン発フエ・ホイアン子連れ3泊4日の旅(2022年)」の記事一覧です。

更新情報@Twitter

更新情報はTwitter(@10max)でもお届けしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました