フーコック島

ロングビーチの美しさとマリンスポーツに心震える。| 最後の楽園フーコック島3日間の旅③

フーコック名物Bun Quayの名店でいきなりの大優勝を果たし、キムホアリゾートに凱旋してきました。

いよいよベトナムで最も美しいと言われるフーコック島のビーチに飛び込みます。

フーコック名物麺料理の人気店「Bún quậy Kiến Xây」は外すべからず | 最後の楽園フーコック島3日間の旅②
フーコック島の投宿地、キムホアリゾートの名宿(とコスパ)っぷりに気分を良くした筆者家族、次なるミッションは昼食にフーコック島の美味いローカルグルメを攻めることです。 結論から申し上げると、家族一同フーコック島滞在中の再訪を心に誓うほど...

フーコック島 ロングビーチ Kim Hoa ResortOLYMPUS E-M1MarkII (46mm, f/3.9, 1/4000 sec, ISO200)

スポンサーリンク

フーコックのロングビーチは沖縄に匹敵するほど綺麗

前にも書きましたが、正直なところベトナムのビーチにはあまり過剰な期待をしないようにしていました。

何故ならベトナムで唯一訪れたビーチであるブンタウの海がそれはもう湘南風味全開だったため、多少評判の良いビーチであっても廃水処理等の関係を考えてもあまり期待してはいけないのではないかと・・・

ホーチミン発 日帰り観光 | 高速船で行く「ブンタウ」でビーチとローカル寺院を満喫
こんばんは、アジアローカルフリークの10maxです。 さて、筆者は出張でよくホーチミンを訪れるのですが、たまに土日を挟む時もあるので、仕事が落ち着いている時には近郊へショートトリップをするので今回もどこにしようと色々探していました。 ...

しかし、フーコック島はそんな不安を一蹴してくれました。

コロナ前には毎年のように沖縄の離島へ現実逃避に行っていましたが、概ね匹敵すると言っても良いほどの透明度を魅せてくれました。本気の透明度は遠浅のビーチではなくサンゴ礁とかのエリアでないと比べられませんけどね。

フーコック島 ロングビーチ Kim Hoa ResortOLYMPUS E-M1MarkII (12mm, f/5.6, 1/2000 sec, ISO200)

フーコック島 ロングビーチ Kim Hoa ResortOLYMPUS E-M1MarkII (60mm, f/6.3, 1/2500 sec, ISO200)

砂浜からすぐ、ヒザ下くらいの浅瀬にも魚たちが沢山泳いでいました。

しかし熱帯魚っぽいのは見かけませんでした。やはりサンゴ礁エリアではないからでしょうか。

フーコック島 ロングビーチの透明度 魚 Kim Hoa ResortOLYMPUS E-M1MarkII (44mm, f/8, 1/800 sec, ISO200)

フーコック島 ロングビーチ Kim Hoa ResortOLYMPUS E-M1MarkII (28mm, f/3.6, 1/5000 sec, ISO200)

ただし海の綺麗さは場所による – 旅バランス重視ならロングビーチ、海重視なら郊外ビーチが吉

これはキムホアリゾートホテルの紹介でも触れましたが、ロングビーチの海の透明度や綺麗さは場所に左右されるようです。

ビーチ沿いに少し散策してみたのですが、場所によっては時折微かに下水の臭いがする事があり、よく見ると陸から排水の管が・・・。上のブンタウの例(貝類のノロウイルス的な)は極端だとしても、やはり下水処理とモビルスーツの性能が及ぼす影響は如何ともしがたいようです。

キムホアリゾートホテルの前のビーチではそういう事はなく、更に下の写真のように砂浜の清掃まで行われており、かなり良い環境が保たれていましたが、ロングビーチはホテルやレストランなどの多いフーコック島のメインビーチなので場所によってバラツキはありそう。本当に海の透明度や綺麗さを追求するなら島の反対側の(フーコックで最も綺麗だと言われる)サオビーチや、より繁華街から遠いビーチを選ぶ方が良いでしょうね。

今回我が家は子供達がメインなので、周囲の飲食店やマーケットへの距離など総合的な旅バランスを重視してロングビーチを選んで正解でした。

ビーチ キムホアリゾートフーコック(Kim Hoa Resort Phu Quoq) ビーチ目の前 リーズナブルなおすすめホテルOLYMPUS E-M1MarkII (12mm, f/8, 1/500 sec, ISO200)

もっともガキンチョ達には透明度とかそんなことは全く関係がありません(笑)

兄弟でとにかくワチャワチャ暴れまわって楽しそうw

フーコック島 ロングビーチ Kim Hoa ResortOLYMPUS E-M1MarkII (16mm, f/3.5, 1/8000 sec, ISO160)

フーコック島 ロングビーチ Kim Hoa ResortOLYMPUS E-M1MarkII (12mm, f/4.5, 1/4000 sec, ISO200)

昼にBun Quayを食べた帰りに買って帰ったHighlands Coffeeをお供に時折休憩します。

フーコック島 ロングビーチ Kim Hoa ResortOLYMPUS E-M1MarkII (12mm, f/2.8, 1/1600 sec, ISO200)

ビーチ キムホアリゾートフーコック(Kim Hoa Resort Phu Quoq) ビーチ目の前 リーズナブルなおすすめホテルOLYMPUS E-M1MarkII (12mm, f/8, 1/640 sec, ISO200)

爆走マリンスポーツに戦々恐々!

いずれにしても、期待をずっと上回るロングビーチの綺麗さに心震わせた訳ですが、その勢いに乗ってチャレンジしたマリンスポーツには違う意味で震え上がらせられました。

キムホアリゾート前のビーチのすぐそばにマリンスポーツ屋さんがあり、子供達にせがまれてやって来ました。

マリンスポーツ バナナボート ソファーボート フーコック島 ロングビーチApple iPhone 12 Pro (4.2mm, f/1.6, 1/6400 sec, ISO32)

ジェットスキーやパラセイリング、バナナボートなど、様々なマリンスポーツを体験させてくれる様です。

今回我が家は4人なので、下から2番めの最大5人まで乗れる「SOFA BOAT」を選びました。4人以上同時の楽しめるのはこちらと上から3番めのバナナボートの2択だったのですが、バナナボートはお休みと言われまして。

マリンスポーツ バナナボート ソファーボート フーコック島 ロングビーチApple iPhone 12 Pro (4.2mm, f/1.6, 1/7800 sec, ISO32)

でもなんかこのソファーボートのイメージ画像、明らかに空中にぶっ飛んでるけど大丈夫ですかね?

Apple iPhone 12 Pro (4.2mm, f/1.6, 1/7800 sec, ISO32)

不安になって

「ノー・デンジャラス?」

と訊いてみると

「ノーノー、デンジャラス」

と返ってきたので、まあ良いか、と・・・きっとエキサイティングに見せるためにたまたま浮き上がった瞬間のカットを選んだんだろうな・・・

しかしこれが大きな間違いでした(笑)

ともあれ出発です。セーフジャケットを着てこんな感じのに跨ってジェットスキーで引っ張られます。

バナナボート ソファーボート フーコック島 ロングビーチApple iPhone 12 Pro (4.2mm, f/1.6, 1/10000 sec, ISO32)

いや、それが、ものすごい引っ張られます。

もうね、出発して10秒で後悔したくらい。

ほんとあの写真、全然誇張でも何でもなかったです(笑)

特に旋回する時の横Gがすごくて、体が横倒しになり海面に打ち付けられそうになります。ボートと体を繋ぐのは自分が握っている手綱だけなので、海に叩きつけられないように必死でしがみつきます。コツとしては外側に投げ出されないように常にボートの中央側に体重を掛けておくことですね・・・

何とか10分間の修行を耐え抜き、砂浜に戻って来た時には安堵でビールが飲みたくなりましたよ。

でも何故か子供達は恐怖など微塵も感じていない模様で、

「楽しかった!もう一回乗りたい!」

などと抜かしています。小中学生男子というのは人間とは別の生き物なのでしょうか(笑)

いずれにしても、我が家は小6以上の大きめのガキンチョなので問題有りませんでしたが、小さなお子さんは避けるのが無難だと思いました。ベトナムのアトラクションは全般的に手加減とか容赦が無いものが多いので要注意です^^;

 

そんなこんなで日が傾いてきました。いよいよ東向きのベトナムでは貴重なビーチでのサンセットショーが見られる頃合いです。

OLYMPUS E-M1MarkII (44mm, f/3.9, 1/6400 sec, ISO200)

ロングビーチ(キムホアリゾート)の場所

ホーチミン発フーコック島3日間の旅 記事一覧

ホーチミン発フーコック島3日間の旅(2022年)
「ホーチミン発フーコック島3日間の旅(2022年)」の記事一覧です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました